忍者ブログ
イラスト置き場兼日記
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


やばい、使いやすいっていうかすごい塗りやすい。
最近水彩紙のスケッチブックを使い切ってしまったので、ちょうどいい機会だからと他の紙を色々試してみてます。
で、今回使ってる紙がウォーターフォード水彩紙(細目)なんですが、これはかなり私にあってる気が!

アナログで絵を描いていると、紙や筆の影響はかなり大きいです。以下覚書。

水彩を始めたばかりのころ、本屋の文具コーナーとかにおいてある安い画用紙を使ってたことがあるんですが、塗り重ねると表面がぼろぼろ崩れてきちゃったんですよ。
別に高い物を使う必要はありませんが、ある程度表面の丈夫な紙を使う必要はありますね。
紙の目の粗さとかは絵柄と好みの問題だと思います。私は細目~中目位が好きですが、より水彩っぽい絵を描きたいなら、目の粗いものを使った方がいいのかも。
安い紙だとマルマンのNEW SOHOシリーズって書いてある、黄色い表紙のやつを愛用中。
サイズがB5で手ごろ、80枚くらいで4050円くらい、その上結構表面が丈夫。やや薄すぎて、絵の具を使うとすぐに凸凹になっちゃいますが、水張りすれば問題なし。
一冊3000円くらいするスケッチブックとかに比べると、そりゃ間違いなく使用感は下ですが、金額ほどの差はないかと。最近は100のお題用にしか使ってないですけど、落書きにはこれで十分すぎるくらいです。


もうこれは完全に好みだと思います。特徴としては、ナイロン筆はこしが強くて、動物の毛の筆は水の含みが良くて柔らかいってくらいでしょうか。
あ、ナイロン筆より動物の毛の筆のほうが長持ちします。どうも、ナイロンは紙に絵の具を塗るときの摩擦で痛んでしまうらしく、耐久性と言う意味では動物の毛のほうが抜群にいいです。
ナイロン筆は、イラスト3枚描いたら新しい筆にする!なんて人もいるらしいですからね。ここ1年、1200円くらいの動物毛筆一本でやってきてることを考えると差は歴然としてます。
なので、私はどちらかというと動物の毛のほうが好きですね。初めて使ったときはあまりの柔らかさに、細かい部分を塗るときの力加減がわからず困りました(笑)
ナイロン製の筆も結構使ってますが。水筆の手軽さは半端無い。
PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[340] [339] [338] [337] [336] [335] [334] [333] [332] [331] [330
«  Back :   HOME   : Next  »
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
HN:
麒麟
HP:
性別:
女性
ブクログ
最新トラックバック
最新コメント
[11/14 snaoyuki]
[07/21 みど]
[07/19 ゆーことのF。]
[03/24 大きい人の隣の人]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]